ちょっとしたご報告。

あけましておめでとうございます!

今年はじめてのブログです。

2021年もどうぞよろしくお願いいたします(´˘`*)

 

 

何が何だかよく分からないまま2020年が終わり、また新しい年が始まりました。

相変わらず外には出られないし、現場も少ないし、でも変わらずジャニーズに毎日笑顔をもらってる。そんな日々です。

 

 

 

さて、さっそくですが本題に入りたいと思います。

私が今回なぜブログを書こうと思ったのか。

 

 

正直、これをブログに書くということ、公開することを私自身すごく迷いました。

読んで不快になる人がいるんじゃないか。

もしかしたら、嫌われるんじゃないだろうか。

何度も何度も思いました。

しかし、このままずっとモヤモヤした気持ちを抱えたままジャニヲタを続けていくよりは、このブログを書くことで気持ちの整理をしよう。しっかり自分の中で区切りをつけよう。と思い、きちんと記録として残しておく事にしました。

 

 

 

結論だけ先に書いておきます。

 

私は、2020年12月末の期限をもって、V6のファンクラブを退会しました。

嵐・二宮和也のヲタクとしての活動も、嵐の一旦の活動休止と共に、少しお休みする事にしました。(2020年に撮った分の会報が来る為、ファンクラブは更新しました)

 

 

 

 

2021年からは、「自担」としてはSnow Man佐久間大介一本で、しばらく生きていこうと思います。

 

 

 

 

 

なんて重く書いてしまいましたが、まぁ察しの良いフォロワーさんたちは気づいていたと思います。もしかしたら、bioとかツイプロとか見てくれた方もいるかもしれません。実は年始から少しずつ変えていました。

 

最近の私はSnow Man 7:嵐 2:V6 1 くらいの感じで日々ヲタ活をしていて、ツイートもそんな感じでした。

興味のないフォロワーさんには邪魔だったかなぁ、ってちょっと反省してます。

 

昨年、2020年は世間の状勢による様々な予定の変更・中止に加えて、私自身も大学4年間の中で1番大切な実習があったり、諸事情により1ヶ月に使えるお金が制限されてしまったこと。

また、それ以前からの度重なるお仕事以外の姿の報道に振り回されてしまって、身も心もボロボロになってしまっていました。

 

 

 

楽しいはずの趣味の活動でつらい思いはしたくない。

 

距離を置いてみるべきかもしれない。

 

 

 

そう思ったことも1度や2度の話ではありませんでしたが、V6は25周年。嵐は一旦の活動休止前最後の年ということで、私の中で今年だけ、1年だけは、と精一杯応援してきました。

 

 

でも、どこか私の中で、

「今の私は、三宅担としてどうなの?」

「今の私は、二宮担として何ができている?」

「2人を応援する気持ちが、前とは違うものなのではないか」

という思いが消えませんでした。

夜な夜な悩んで、泣きそうになったこともありました。

 

 

年末、ずっと考えていました。

このままダラダラとファンクラブを更新し続けて、私は私自身が納得できるようなヲタ活ができるのか。

中途半端な事をしていて、周りの人達が嫌がらないか。

 

今、もっとも力を入れて、お金を出して、応援していきたいのは誰なのか。

 

 

 

 

ずっとずっと考えて、悩んで、この決断をしました。

 

 

 

降りるという言葉を使わなかったのは、本人たちを嫌いになった訳ではないからです。

むしろ今でも好きです。大好きです。

誘われることがあれば、現場にだって行くと思います。

いつかまたファンクラブに入ったりするかもしれない。そう思って「お休み」という言葉を使わせていただきました。

 

ただ、自分の「自担」に対する応援スタイルとして、今の自分の三宅健くん、二宮和也くんに対する応援の仕方・お金のかけ方が、自分で納得いかなかっただけの話です。

 

「自担」って言っていいほど熱量と気持ちがついていけてない。

そう思って、一旦お休みしてみる選択肢をとりました。

 

 

 

 

 

長々とごめんなさい。

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

 

 

結局このブログで何が言いたいのかというと、

 

  • 二宮担・三宅担としてのヲタ活はしばらくお休みして、ゆるっとヲタクすること
  • Snow Manの応援を全力ですること
  • ツイートは時々するし、テレビやドラマ、映画は変わらず観るよ

 

という感じでしょうか。

 

 

これまでの2人に対する応援のスタンスとは少し違うけど、ツイートの内容はほとんど変わらないと思います。

あー、そういえばアイツお休みしてたっけ。

そう頭の片隅に置いといてくれれば嬉しいです。

自分の感覚としては、宮田くんや塚ちゃんに対する気持ちに近いです。

担当っていう程お金かけてる訳じゃないけど、グループの中ではこの人を応援していきたい。

そんな感じでやっていこうと思います。

 

 

 

という訳で、今年最初のブログはちょっとした宣言というか、お知らせでした。

 

読んでくれてありがとうございました!

今年こそさくまさんに会いたいし、沢山のフォロワーさんと会って遊びたいので、早く世界が落ち着いてくれることを願います。

コロナ滅👹

 

(*´」`)ノシ  じゃあまた次のブログで!

 

 

 

 

冬に桜を眺めたおはなし

お久しぶりです。

2年前の下書きを完成させることなくまた新たなブログを書いています。バカです。(キラシ!

 

 

滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movieを観てきたよ、ということで!

感想、思ったこと、拙い考察なんかをつらつら書いていきたいと思います。

よろしければお付き合い下さい。(˙꒳​˙* )

 

 

 

※この先はネタバレしかないので、まだ観に行けてなくてネタバレ嫌だよ!って方は映画を観てから!進むことをおすすめします!!

 

 

それでは、

 

(*´」`)みゅーじっく〜、すたーてぃん!☆

 

 

 

 

 

 

0.上映前

 

 

 

 

 

おいおい松竹さんよ。

監督さんよ。

 

 

始まる前にあんなの見たら何も集中できませんが?????

 

 

たきざわかっぶっき♪ぜろ♪

は良いとして。

 

 

 

 

さくまさんの十八番をデカい音で流すな。

 

 

 

 

周りのヲタクたちが丈橋にザワザワしててア〜これがジャニ現場だ!感があった。嬉しかった。

 

 

 

マナー映像に関しては可愛いの一言に尽きる。

 

黒影組の電車ごっことか裏で普通にやってそうだし、あべぞうとだてちゃま(あれは徳俵の旦那の服を着ただてちゃまです)もはしゃいでて超可愛い。

 

あと金さんって自撮り知ってるのね!可愛い!!

ポップコーンたくさん買ってあげたい。(モンペ感情)

 

映画の中のキャラが面白おかしく注意喚起をしてくれるって良いことだと思う。ちっちゃい子も分かりやすいし。

これからも続けてください。

そして絶対円盤の中に入れといてください。(圧)

 

 

 

 

 

1.オープニング

 

将聖くんとはじめまして。

 

と思ったら急にピエロだの謎の女の人だの出てきてもうカオス。オープニングからカオス。

滝沢歌舞伎ZEROには演目としてのホラー要素がないから、ここでホラー入れたかったんかな。謎。

 

もうちょっと理解してから次に行きたいんだけどこの意味わからない展開こそ滝沢歌舞伎ジャニーズ・エンタテイメント

 

将聖くんと共にいざ!滝沢歌舞伎の世界へ!

 

 

 

 

2.ひらりと桜

 

 

 

「よぉいやさぁ」は!?!!?

よぉいやさぁどこいったん!!???!?!???!?

 

 

よぉいやさぁ無かったからなんか急に始まった感すごかった。

 

舞台だと桜吹雪がぶわぁぁぁって来るからやべぇ!見えん!自担どこ!ってなってたんだけど、映像だと桜来ないからいくらか落ち着いて観られました。

 

やっぱり綺麗だよね……あれ毎回ほぐして降らせてるって話聞いてマジで………スタッフさんありがとう…………………すごく美しいです……………

 

オーガンジーの衣装とさくまさんの親和性高すぎて私はあれのフィギュアが欲しい。

 

 

 

 

3.九剣士

 

 

 

康二くんかっけぇ

 

 

え、向井担これ大丈夫?よく黙って観られるね?私これ自担だったら呼吸おかしくなるわ。

舞台上だったら絶対こんなカットこんなアップで観られないからすごく新鮮でした。自分も戦いに参加してるような感覚。

 

あと、だてさんめちゃくちゃ所作綺麗。斬る前に口角上げてニヤってする所、去年鼠小僧でもやっててほんとに、あの、好きです。

 

岩本さん、もっと刀使って?(笑)

力技でいっちゃうのひーくんらしくて好きだけど。

 

最後に出てくるのがなべさくなんだけど、他の7人と刀の数とか持ち方が大きく違うから、それはなんでなんだろうなっていうのが率直な感想です。

 

あと最後ね。

不意に阿部担死ぬやつ。

再三言ってるけど私はギャップに弱いので軽率にホワ…………ってなった。

 

 

次は基くん見つけられるように頑張ります。

 

 

 

 

 

4.変面

 

 

英語名だとパッと見なんだかわかんなくて、ダンサーさんと音楽でようやく気づいた。

 

 

 

あれだけでかい画面で観てもまだカラクリが分からん。どういうこと??????????

考えるな。感じろ

 

 

あと3人とも去年より顔が凛々しいというか、カッコ良さが増してた。The・王子様。

 

 

 

5.Maybe

 

 

私が今まで観てきた滝沢歌舞伎の中で五本の指に入る好きな曲。

今年はさくまさんがいなかったから、比較的落ち着いて観られた。

 

ラウール、1年Snow Manとして過ごしてきて更に表現の幅が広がったような気がする。

去年の5月に観た、高い技術と気持ちの不安定さが入り交じったダンスも凄かったけど、今年のは別の意味でまた凄いなと思いました。

 

そしてあべふか。

ふっかの優しすぎるほどに優しい柔らかな歌声。どうしてそんなに優しいの。優しすぎたが故にいろんなものを失った、どこかそんな物悲しさがある。

阿部ちゃんの切ない高音は、少しだけ三宅の健ちゃんに通ずるものがあると感じました。

バランスが良いんだろうなぁ、この2人。

だてに15年一緒に歩んでないよ。凄い。

 

去年は正直「なんで?」って気持ちの方が強かったんだけど、

今年はちゃんと観られた。ちゃんと感動した。

消化させてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

6.My Friend

 

 

 

舞台より宇宙感増した。

 

これに関してはもうなんかよく分からないけどエモい、みたいな。

 

ゆっくり流れる時間の中で苦楽を共に過ごした2人が、歌とパフォーマンスを披露する。

 

ガチの幼馴染が大画面スクリーンで共演する。

こんなエモいことがあるか。

 

 

でも終わり方は舞台と違って「え?????」ってなった。あそこにもなにか意味があるのか。

既に死別してたとかそういうこと?

 

だから宇宙なの?空に向かって歌ってるの?

だからあんなにつらそうな顔するの?

 

 

…………ゆり組、分からなすぎる。

 

 

 

 

 

7.組曲

 

 

 

あの水槽、特注なんだってね!!?

金のかけ方おかしいな本当に。チケット3000円で大丈夫だった??

 

 

舞台よりもさくまさんのつらそうな表情がよく見えて、心臓がギュッてなった。

 

結局あれは何と戦ってるのか分からないし、今年はあのピンクの妖精出てこないし、なんだったんだろう。私の足りない頭じゃ考察できなかった。

 

雨は凄かった。水も滴る良い男(ただし死にそう)

 

 

 

 

 

8.五条大橋

 

 

これですよ。

 

滝沢歌舞伎ZERO2020 The Movie 1番の衝撃演目。

 

 

 

 

 

私マジで登場人物3人だと思ってて、ストーリーテラー佐久間大介、弁慶岩本照、牛若丸は新くんなのかなって。

林くんがいないのと、今年は舞台上での生化粧がないから、弁慶は岩本さんに戻して、ストーリーテラーとして新しくさくまさんを出して、牛若丸は新くん固定だと思ってて。

 

 

いや、あの、まずストーリーテラーの見てくれが恋すぎたのも良くないんですよね。頼むから橋の上で足を組んで座るな。好きだから。

 

 

弁慶、さくまさん、牛若の順で橋の上で並ぶシーンで、牛若丸が弁慶の攻撃かわした時にたしかに「ん?」とは思った。

新くん、こんなアクロバティックなかわし方してたっけ?

 

 

でもさくまさんは相変わらず橋の上に座ってるし、いつの間にか岩本弁慶はスネ打たれて泣いてた。ちょっとまって、まだ処理できてないよ!

 

で、最後。

ずっとずっと顔を隠してた牛若丸が布を上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………

 

 

……………!??!?!?!??!????!?!!!?!?!!!!?!???!??!?

 

 

 

 

は!!!??!??!?

 

 

 

 

綺麗な布の下にはこれまた綺麗なよく知ってる顔。

 

毎日毎日眺めて恋して愛でてるあの顔。

 

 

 

 

 

さくま………さん……

 

 

 

 

 

牛若丸………………佐久間大介……………だったの………………………

 

 

 

 

 

 

特大のトゥンク。

というよりは混乱。

 

 

 

………いやいやいやいやいやいやいやいやちょっと待ってよ、牛若丸がさくまさんなら、えっと、弁慶はさくまさんと主従関係結んだわけ?ストーリーテラーは?なんで2人?え?分身?ちょっとおい

 

何をかくそう弁慶はあの岩本照。

 

 

岩本照

 

そう。岩本照。

さくまさんのことが大好きで、可愛くて仕方がなくて、さくまがいるとみんなが笑顔になる、なんていつも言ってる、岩本照。

一緒にいると楽しいから、彼氏にするならさくまさんがいい、岩本照。

もはや鳴き声が「さくまぁ〜」の岩本照。

 

 

 

そんな岩本照さんが、

 

弁慶として、

 

牛若丸の、

 

さくまさんと、

 

戦って、

 

主従関係を、

 

結んだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IWASAKU

 

 

TOTTEMO EMOINE!!(狂)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My Friendなんか比じゃないくらいのスペースキャットになった。

多分、というか舞台だったら絶対できない演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画、ありがとう。(大の字)

 

 

 

勢いあまって隣のゆんちゃんのこと叩かなくて良かった。危ない。

 

 

まだ落ち着けてない。(ガチ)

 

 

 

 

 

 

8.腹筋太鼓

 

 

ごめん。

 

最初の方何も頭に残ってない。

 

お察しの通りだと思う。

頭の中、いわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさくいわさく…………

 

何ひとつ飲み込めてない。消化不良。

 

 

 

最初なんか叫んでるだけだったから、私も一緒になって叫んでやろうかと思った。

 

 

吐き出させろ。この想いを。

 

いわさくに対するクソデカ感情を。

 

 

 

 

 

どうしてこの映画は応援上映がないんですか?

 

 

 

 

 

腹筋太鼓、1回やるだけでもめちゃくちゃつらそうなのに、映画だから何テイクも撮ったらしい。殺す気か。

 

あとメカ太鼓開くところの背中がめちゃくちゃ綺麗。いつも思うけど。

どうしたらそんなに肌が白くなれるんですか?

 

 

 

 

10.Make It Hot

 

 

この衣装久しぶりに観た!!!!!こんにちは!!!!!!!!!

 

舞台上よりも発光してる気がする。

 

で、あなたは映画でもにこちゃんやるのね。徹底してるね。可愛いね。

 

 

ラウールの声が大人っぽくなったおかげでマジでイケイケ男たちのPARTYになってしまった。しぬ。

 

今夜の主役は間違いなくあなた達です。

 

 

 

 

 

 

 

11.Crazy F-R-E-S-H Beat

 

 

 

出ました。予告で1番意味わからなかったやつ。

 

なんでここでCFBを持ってきたんだ?っていまだに思ってるんだけどここ3曲連チャンなのはライブパートなのかな。

ジャニーズ事務所所属アイドル・Snow Manとしてのパフォーマンスタイムだったんだろうか。

 

Dance Videoとは少し違う感じだったけどこれはこれでかっこいい。好き。

 

 

 

12.Black Gold

 

 

 

 

 

観たら分かる。好きなやつや。

 

 

さくまさんトップバッターにするの流行りなんですか?軽率に死にましたが。

 

撮影は廃墟でやったらしいけど、ライビュの時ラウールが「汚かった🥺」って言ってたらしいのめっちゃ笑った。正直でイイネ!

 

 

YOSHIEさんの振付と自担の親和性が高すぎて、早くシングルの振付して欲しい。MVが欲しい。

YOSHIEさんに全信頼を置いてるぶいすの担です。

 

 

 

 

 

 

13.五右衛門ZERO

 

 

 

 

これは映画観てからずっと思ってた事なんですけど、

 

 

 

 

白塗りの岩本さん、めちゃくちゃ康二くんと似てる。

 

普段、岩本兄弟の事を私はそこまで顔似てるかな?と思って見てるんだけど、

 

 

白塗り、めっちゃ似る。

なんなら同じ人に見える。

岩本兄弟、すごい。

 

 

 

あと、みんな言ってるけどこの演目の印象って

 

「イワモトォ!」

「ミヤダテェ!」

「ムカイィ!」

「フカザワァ!」

「ラウールゥ!」

 

これなのよね。

応援上映だったら絶対みんな言ってるし、私も言うと思う。自担いないけど。

 

 

 

 

どうしてこの映画は応援上映がないんですか?(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

14.男と女の舞

 

 

 

TLのヲタクがみんな死んでたやつ。

 

 

 

 

だって……………ねぇ?

キッスだもん。

最近何かとお騒がせなめめあべが、キッスしちゃったんだもん。

 

もしかしてこれがあったから最近のアレがあるんか…?って思ったよ。

 

 

さく姫ちゃんは結局なべさんと一緒になって、幸せになれるんだろうか……………(過保護)

 

 

おいなべさんよ、さくちゃんを悲しませるような事したら私が夜官兵衛と半兵衛連れてお前の首を取りに行くからな。絶対幸せになれよ。

 

 

 

あとさく姫ちゃん、舞の途中で顔の横に垂らしてる髪の毛が肩に引っかかって後ろに行っちゃってて可愛かった。

 

監督、気づいてあげてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

15.総踊り・花鳥風月

 

 

NEW!  花鳥風月!

 

 

私この曲がめちゃくちゃ好きなので、今年もやってくれてシンプルに嬉しかった。

 

 

 

去年の歌舞伎のビジュアルポスターみたいに、黒い塗料付けててなんか懐かしさを感じました。

 

洋装の花鳥風月、これはこれでめちゃくちゃ良いんだけど私はやっぱり和装白塗りが恋しい。

 

 

先生、さく姫ちゃんの可愛らしい花鳥風月が観たいです。

 

 

 

 

 

16.鼠小僧次郎吉

 

 

 

 

この映画の良くないところ、

休憩がない。

 

 

 

 

 

一幕(と言っていいのかは謎)の整理をさせてくれないまま二幕に行っちゃう。

 

 

 

 

ここで再び将聖くんの部屋。

 

 

 

 

うちわが話しかけてくるファンタジー演出。

なにそれ。そのうちわくれ。

 

 

金之助に貢がせろ!!!!!!!!!(黙ってください)

 

 

 

 

鼠小僧(金さん銀さん)に関してはふせったーで語った部分もあるので、気になった方はそちらもどうぞ!

物語に全く関係ない(本人たち談)金さん銀さんに、意味を見出そうとしています。

 

https://fse.tw/MxRyDPc0#all

 

第一の感想としては、

 

すげぇ!みんなが生活してる!

 

って感じでした。

日光江戸村での本格的な撮影ということもあって、クオリティが素晴らしい。

 

だんご屋がちゃんとだんご屋として存在しているし、金さんと銀さんの住むお部屋もある。

 

これは舞台だとなかなか伝わりづらい部分だと思うので、映画になったことでイメージが掴みやすくなったなーって思ってます。

 

 

 

次、

あべぞうかわいい。

去年の最後の記憶はだったので、久しぶりにネコのあべぞうちゃんを観た。

本人が意識してるのか知らないけど、舞台版よりあざとくなった気がする。ずるいぞ。

 

 

 

あとやっぱり谷村チャイナいないの寂しい。

うるチャイナ〜!!って映画館でも聞きたかった。

 

 

 

 

 

御用提燈片手に………の新吉が良すぎ。

「先行け」←好き

 

 

 

黒影組のアジト(?)、ちゃんと家なんだね。安心した。

できればもうちょっとあったかそうな所にいて欲しい。

 

 

石神井の森での決闘のシーンだけが演舞場だった。

石神井の森ってあの石神井なのかな?電車でいつも通るんだよ。石神井。(どうでもいい)

 

映画ならではなのか、あべぞうちゃんの攻撃に効果音付いてて可愛かった。

あのカメラアングルは演者じゃないと観られない。映画最高。ありがとう。

 

銀さん、水ぶっかけられて素に戻るのやめて欲しい。めちゃくちゃ笑いそうになった。

 

 

 

 

 

………もうダメだ。

言いたいことが多すぎる。

 

 

 

金さんに関しては永遠と語ってしまう自信がある。

それはいけない。

 

このブログ、この時点で既に6000文字を超えている。

 

 

 

強引に次行かないと終わらなそうなので鼠小僧はこの辺で切り上げ。

 

 

 

 

 

 

17.WITH LOVE

 

 

やっと…………やっと最後…………………

 

 

 

多幸感。

 

 

ここまでノンストップでジャニーズ・エンタテイメントを摂取してきたヲタク、もうそろそろ頭がパンクする。

 

この映画、本当に3000円なのか???????????

 

 

 

 

WITH LOVE、最後の合唱する所絶対一緒に手話やっちゃうんだけどわかる人いない?

あそこは一緒に振付やってこそのWITH LOVEだと思ってるヲタクです。

 

 

 

 

て、ほんわかした気持ちで見てたら

 

 

 

おいSnow Man。泣かせに来るな。

 

なんか歌詞追加されとるよ〜〜〜!?(;;)

知らなんだ…………こんな…………

 

 

思わず涙目。

 

来年は絶対会おうね!!!!!(;;)(;;)(;;)(;;)(;;)(;;)(;;)(;;)(;;)

 

 

 

 

よぉいやさぁ!!!

 

 

 

18.エンドロール

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いてねぇ(n回目)(爆泣き)

 

 

 

ちょっと待ってよ。それはずるいだろ。

 

 

 

KEN☆Tackeyの2人が滝沢歌舞伎の為に作った、私の滝沢歌舞伎エンディングソングといえばこれ、LOVE。

 

それをすのーまんが、みんなが、

とびきりの笑顔で歌ってる(;;)

 

 

三宅健きっかけで歌舞伎を、Snow Manを好きになった人多分みんな泣いてるよ。ありがとう監督。

 

 

 

 

 

LOVEまで観させてもらっちゃって、これで本当に終わりだと思ってた私、まだ甘かった。

 

エンドロールが止まらない。

 

そして、見覚えのある江戸の街、見覚えのある格好。

 

 

見覚えのあるフォーメーション。聞いたことのあるイントロ。

 

 

 

 

 

……………?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CFB、お前………!!?

 

 

 

 

 

 

 

さすがに声出た。笑った。すまん。

マスクしてるから許してくれ。

 

 

 

 

 

ここで伏線回収するな。

 

 

 

 

 

 

少年たちのエンドロールで流れた、Fire Stormのワンカメショー(おふざけバージョン)を思い出した。

 

 

 

 

あの時と違って、本人たちは至って真面目にCFBを踊ってる。

でもごめん。めちゃくちゃ面白い。

 

 

 

最後にこれぶち込んでくるこの人たち本当に狂ってる。最高。

 

 

 

 

 

最初から最後まで本当によく分からないけど、笑いあり涙あり感動あり、本当に現場に行ったような感覚になれました。

 

 

 

これ本当に3000円で良かったですか?(まだ言う)

 

 

 

 

ロスが酷すぎて明日にでも浴びたい歌舞伎。

さくまさんが何回でも観に行って!!って言ってたけど、正直そんなに観ないかなと思ってた。

 

 

何回でも行きたい。

金の許す限り。

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、とにかくこの舞台でも映画でもない不思議なエンターテインメントは1回観てみる価値はあると思います。Snow Manのヲタクじゃなくても、時間とお金に余裕がありましたら、是非。後悔はさせません。

 

 

 

読んでくれてありがとうございました!

ここまで読んでくれたあなたには、さくまさんからピーマンの贈呈です。(*´」`)っ🫑

 

 

 

また気が向いたら書きます💪

 

 

 

 

 

 

すべてが上手くは行かないおはなし

 

 

 

「私に休息をください」

 

 

 

 

って叫びたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jr.担としてまだまだ新規の部類に入るであろう私はもちろんこんな経験初めてで、どうするのが最善の策なのか、こういう時どう気持ちをつくったらいいのか、何もかもわかりません。

 

 

 

 

 

 

「怖い」

 

「苦しい」

 

「分からない」

 

って言葉があの日からずっとずっと頭の中を回り続けています。

 

 

 

Twitter上には今もいろんな意見があります。

仲良くしてくれているフォロワーさんであったり、一度は目にしたことのある有名なファンの方だったり、出処のよく分からない情報を載せているアカウントだったり。

 

 

たくさんの人が、自分の思っていることを吐露したり、ブログに書いたりしています。

 

 

 

それらを読んだり見たりして、

私が感じたことをぽつぽつと。

 

 

 

 

何もできなくて苦しい。

 

 

 

ファン同士でいがみ合っているのが苦しい。

 

 

 

情報が定かではない中手のひらを返したようにタッキーを叩いている人が怖い。

 

もちろん、怒りの矛先をどこに向けたら良いのかわからないのが原因の1つなのはわかっています。でも正直すごく怖いです。そこそこフォロワーがいて、影響力のありそうなアカウントの方だったりすると余計に。

 

 

流されやすい性格のせいで、いろんな意見を全部自分の中に入れてしまっていて、消化不良を起こしてるのかもしれません。

 

 

自分はどう思ってるのか聞かれてもうまく答えることができません。

 

 

応援したい。

 

 

でも受け入れられない。

 

 

受け入れる覚悟ができないのが苦しい。

 

 

ジーコもめめちゃんも悪い人じゃないのはわかりきってるし、ラウールくんだってきっと悪い子じゃない。

 

 

でも、どうしても9として見られない。

今はまだ6+3としてしか見られない。

 

 

どれだけ美味しくて高級な焼肉だったとしても、それをショートケーキの上に乗せたら台無しになる。きっとそういうことなんだなって足りない頭で考えています。

 

 

 

私はどちら側の人間なんだろう。

 

 

 

落ち着いて考える余裕が欲しい。

 

 

あの日から堰を切ったようにいろんな情報を連日公開してくる事務所が怖い。

 

 

 

 

 

結局私たちファンは、向こうからどう見えているんだろうか。

 

 

 

 

 

 

ファンだって人間です。

アイドルだって人間です。

 

 

 

このままじゃいつか壊れてしまいそうで、おかしくなってしまいそうで怖い。

 

 

 

 

 

今はジャニーズを「観る」のが怖くて、録画したテレビも観る気が起きない。

 

 

いつ終わりがくるのか考えたら涙が止まらなくなる。

 

 

心の拠り所だったジャニーズがこんなにもつらく悲しい気持ちの原因になるなんて思ってもみなくて戸惑っています。

 

 

 

 

 

しばらくお休みした方がいいのかもしれませんが、

人生の半分をジャニヲタとして過ごしてきた私には、

その間何を心の拠り所にすればいいのかわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

何か良い策はないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

新しい沼に飛び込んだおはなし

どうも皆さんこんにちは、サトシです。

流行りに乗っかってはてなブログを始めてみました。

どうか暖かい目で見守ってください。

 

 

私はにわかな時期を含むとかれこれ12年ジャニヲタをやってます。

KAT-TUNに始まり、Hey! Say! JUMP、嵐、V6などなど…割といろんなグループのヲタクをしてました。

今は嵐とV6に落ち着いています。

 

元々周りの影響を受けやすいタイプなのでジャニヲタになったきっかけは4歳上の従姉妹でしたし、嵐やV6にハマったのも友達やTwitterのフォロワーさんの影響です。

ここに書いていないグループでも良いなと思ったらCDを借りてみたりDVDを見せてもらったりすることが多々あります。

 

そんな流されやすいヲタクが、この夏、新しい沼にハマりました。

 

 

 

 

Snow Manです。

 

 

担当は誰かって?

 

 

佐久間大介くんです。

 

 

いやぁーーーーまさか自分がJrのファンになるなんて思ってなかった。周りにはJrのファンたくさんいたけど、自分はデビュー組1本で行くもんだと。

 

人生何があるかわからないですね。

 

 

きっかけは滝沢歌舞伎でした。

健ちゃんの周りをうろちょろうろちょろして、「健くん健くーん!!!」「健くん!!!」としつこいくらいに付きまとっていた彼。

 

まるで飼い主にかまってもらいたい子犬のようだった。

 

その時点で

「あ、この子可愛いな」

と思ってしまったのが運の尽き。

 

いつの間にか彼を目で追うようになっていました。

 

滝沢歌舞伎の2年連続出演が決定し、運良く観劇することができた時も、健ちゃんが出ていない場面で見ていたのはほぼでした。

 

そして3年目。

3年連続の健ちゃんの出演にも驚きましたが、その歌舞伎が始まる前に私の元に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

なんとJr.がYouTubeをやると。

 

少し前に観た動画でYouTuberにハマっていた私は気が向いた時にちょこちょこ観ていました。ジャニーズが公式でYouTubeの動画出してくれるなんてパラダイスだと。

ちょうどその時は受験期間だったのでJr.のYouTubeを観始めたのは4月頃でしたが、どのグループもみんな面白い企画をやっていて良かったです。

 

で、肝心のSnow Manはというと。

 

ローストビーフ作ってる。

で、なんか佐久間さんアシスタントにされてる。ぽんこつ。可愛い。

 

滝沢歌舞伎を一緒に観劇した2人のお友達がその日に宮舘涼太に落ちたのでホテルで動画を観ようとなったのですがまーーーーー笑いが止まりませんでした。

PARTY TIME(ドヤァ

 

 

そこから毎週水曜日にはSnow ManYouTubeを観るようになり、ちょっとSnow Manのプロフィールについて調べてみようと思い、そこでまた衝撃を受けました。

 

えっ佐久間大介ってSnow Manの中で2番目に歳上なの???

 

お恥ずかしい話ではありますがずっと岩本くんと佐久間くんの年齢逆だと思ってました。そうか………2番目なのか………

圧倒的末っ子感。

まぁでも年齢なんて普段あんまり気にするもんじゃないしましてやSnow Manは2学年でしか構成されてないグループなのでこの話は脇に置いといて。

 

 

5月。

それまでやる事すら知らなかった

ラスト・ホールド!を観に行きました。

2回も。

しかもそのうちの1回は舞台挨拶ライブビューイング付きのやつを。

Snow Manの関係性をまだあんまりよく分かってなかったのですが、トークも上手いしたくさん笑いました。観に行ってよかった。

ちなみにライブビューイング付きの回を観に行った日にKEN☆Tackeyのデビュー日が決まり、プリクラコーナーで発狂したのをよく覚えています。

 

そんなこんなで6月。

流れてくる歌舞伎のレポを見てると最初は佐久間くんのことウザがってた健ちゃんも3年目ともなると一緒にお風呂に入ったり、ごはんに連れていくようになったとか。何度も何度もアタックした努力が実を結んだんですね…………

御園座公演の時泊まってたホテルの部屋が隣同士でしかも中扉で1つに繋がってたことを聞いた時はさすがに脳みそフリーズしましたけど。

三宅健のラヂオにも遊びに来て(乱入して?)くれたり、うちガヤで可愛い女の子のコスプレしたり何かと(私の中で)話題になる佐久間くん。私の彼への気持ちは大きくなるばかりでした。

 

 

そして7月。

あの日がやって参ります。

 

伝説の「三宅健のラヂオ収録中佐久間大介バースデー電話事件」です。

 

びっくらこいたよ。

あの三宅健がハッピーバースデーって電話かけてるんですよ。後輩に。

ラヂオの収録中に。

OAを聞いてる私は思いました。一体私は何を聞かされてるんだ、と。

 

こんなんただの萌えでしかねえ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

健ちゃんがここまで年の離れた後輩を可愛がってるのは珍しいと思いました。いや私が知らないだけかもしれないけど。

自担がここまで可愛がる後輩だし、

 

推さない選択肢なくね?

 

となったわけです。ほんっとチョロい。

晴れて佐久間ゆる推しを名乗ることとなりました。

 

伝説の電話回の日記(公式レポ)がこちらです。

ラヂオの日記: 2018年7月9日のラヂオ

 

そこからしばらくはKEN☆Tackeyのデビューもあってテレビの露出も多かったしYouTubeも逆転ラバーズのDVDもあったのでゆる推しで留めていたのですが、この前遂にやってしまったのです、私。

 

 

 

アクリルスタンドを購入した。

連日売り切れで某フリマアプリでは諭吉1人以上飛ばさないと買えないらしいですね………恐ろしや。元の値段その10分の1やぞ。

これに関しては本気で初日に購入を決意した私に拍手を送りたい。よくやった。そして買ってきてくれた心の友に感謝。

 

 

そしてここで私は悟りました。

金を貢いでしまったらゆる推しなんて言えない。

これは覚悟を決めるしかないと。

この際流れに身を任せてみることにしようと。

 

 

そして私は佐久間担になりました。

 

 

勢いで情報局にも入りました。

 

昨日初めてJr.祭りの動画を観ました。

その感想はおいおいここに書こうと思います。

とにかく衝撃がでかくてまだボーゼンとしてます。頭が追いついてない。思考回路スパーク。ドゥンドゥンドゥン………

 

自担が増えると楽しみも増えます。

お財布と口座はいつも涙目ですけど。

それは嬉し泣きだってことにしときます。

 

 

 

 

 

とりあえず今は秋の少年たちを楽しみに生きています。

これからコンサートにもたくさん行きたいな。

 

 

 

 

 

また1つ沼が増えたヲタクですが、これからもよろしくお願いします。